手術室特有のオンコール勤務って実はこんな感じです。

山本ののかのブログ!

こんばんは~(^.^)

 

みなさん、お休みをどう過ごされたでしょうか?

 

わたしは3連休だったのですが、中日の日曜が「On Call(オンコール)」という残念な勤務だったので、お泊りのような遠出のお出かけはできず…

 

「オンコール」という勤務形態は、看護師さんのなかでは手術室に特有のものですね(゚∀゚)

 

 

どんな勤務かというと「いつでも電話連絡がとれる状態で緊急手術に備えて待機をしておき、手術が必要な患者さんがいればその対応を行う」ことです。

 

 

わたしの勤務している手術室では、休日のオンコールは朝の8:30から翌朝の8:30までの24時間です(‘Д’)

 

 

病院まで30分ほどで到着できる場所にいれば、オンコールで待機中でも何をしていてもかまいません!

 

それに、手術があろうがなかろうが手術待機料として4000円(待機料は病院ごとにかなりの差があるようで、待機料が発生しない病院もあるようです)の特別手当がつきます(‘ω’)

 

「何しててもいいのに手当つくなら、かなり良くない!?」

 

と思った方もいるでしょうが、わたしはしなくても良いのならしたくありません…

 

 

必ずしも手術があるわけではありませんが(でも、手術がないことはほとんどありません)、待機している間は、トイレに行くときもお風呂に入るときも携帯電話をかたときも離せません…

 

 

ごはんを食べている途中だって、夜中寝ているときだってお構いなしに呼び出しはあるんですよ~(+_+)

 

それに「緊急手術」なわけですから、患者さんの状態が思わしくないことが多いです。

(重度のパンぺリ(腹膜炎)でショック状態であったり、交通外傷で解放骨折や腹腔内出血を起こしている、SAH(くも膜下出血)で意識レベルが落ちている、などなど…)

 

 

いつ呼ばれるか、そわそわしながらなので待機しているだけで疲れる~。(経験年数を重ねるごとに、だいぶ力を抜いて待機できるようになってきましたが)

 

つかれた

 

それに、休日のオンコールは自分の週休なので、もし緊急手術が2件、3件と続くと単純に自分の休みがなくなるわけなので、切ない!

 

 

そして、昨日はなんと…3件も緊急手術がありました(ToT)/

 

 

「アッペ(虫垂炎)」「胆のう炎」「イレウス(腸閉塞)」の外科、外科、消化器外科祭り~!

 

消化器外科の緊急手術の代表ともいえる3つですね(゚∀゚)

 

 

13時間も労働してしまいましたが、患者さんが全員無事に病棟へ帰られたのでよかった(^^♪達成感!

 

(イレウスの方はかなり我慢されていたようで、開腹したときには腸の色も悪くなっていたので腸切除が必要でした。かなり痛かっただろうな~(+_+)でも、ご高齢でしたがRBCとアルブミンを輸血してバイタルサインも安定したので一般病棟へ帰れました。カルテで経過を見ていきます!)

 

 

今日は、昨日の疲れをちょっとひきづっていたのでのんびり過ごしました。おともだちと車で30分くらいのところにある温泉に行って癒されてきました~

 

 

そして早めの夜ご飯は、春を先取りして「菜の花と鮭のパスタ」を作りましたよ!(^^)!

 

菜の花パスタ

 

菜の花たくさんいれたので、かなりの量(たぶん2人前くらいはある)になってしまいました(笑)ペロリですが。

 

ほろ苦くて、わかわかしい春の味がしました。大満足(゚∀゚)

 

 

よーし、明日からまたがんばるぞ(^.^)

 

 

 

気に入ってくださったらシェアお願いします!
関連記事
コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバック
トラックバックURL