今日はオペ室リーダーでした!リーダーをするときに大切にしていること

山本ののかのブログ!

今日はリーダーでした(^.^)

 

 

 

リーダーはなにをするのかというと、もちろん手術の担当はしません。

 

 

手術室の全体の流れを把握して、手術がスムーズに運ぶように時間やマンパワーを調節する業務です(‘ω’)

 

 

朝いちばんの手術は、前日から入室時間が麻酔科指示できまっているので、なんの連絡をしていなくても病棟看護師さんが案内をしてきてくれます。

 

 

でも、わたしの勤務する手術室は10部屋しかありませんので、1日に20~30症例の手術をするとなると、同じ部屋の順番待ちをする患者さんが出てきますよね!

 

 

つまり、この順番待ちをしている、TF(タイムフォーロー)の患者さんの入室時間を決めたりするわけです(‘Д’)

 

 

この症例数を日勤帯で終了させるためには、大変な苦労なんです~…(まあ、やはり多少の超過勤務はありますが、遅出さんが引き継いでくれます(^.^))

 

 

そのなかでスタッフ(看護師だけでなく麻酔科医なども)の休憩時間の確保はかなり先を読む力が必要とされます。

 

 

だいたい閉創に○分、麻酔覚醒に○分、患者さんが退室して次の部屋の準備ができるまでに○分…

 

絶飲食の時間を考慮したり、ご家族の来院時間、病棟看護師さんが次の入室までにかかる準備時間が○分…

 

○○さんは今から休憩に入ると、次の手術執刀にギリギリ間に合う…だから○○さんに麻酔導入をしてもらって…

 

 

みないなことを10部屋分考えながら、ときどき頭がパンクしてます(笑)

 

 

でもでも、わたしは休憩というのは「安全に手術を行い、次の症例へのモチベーションを維持する」ためにはとっても大切だと思ってます!(持論です(笑))

チーム

たまには、日勤で勤務していても休憩が3時をすぎたりすることも…

 

なかなか交代が難しいシビアな手術もありますしね。(自ら最後まで完投したい!というときもありますが(゚∀゚))

 

そんな時はやっぱり、「疲れたな~」とか「おなかすいた~」とか人間なんで思ってしまうもんです(-.-)

 

 

こんな時にもミスをしない!ことが99%ですが、そういった集中力の低下で「ヒューマンエラーは起こる」と思っておくべきです!

 

なので、わたしはできるだけ「よーし、次もがんばるぞ!」「安全、丁寧に!」と思える無理のないタイミングで休憩してもらえたら、とうまくばかりはいかないながら目標としているわけです(恥)

 

 

あと、仕事をしているときに一番大事にしていることは、やっぱり笑顔でいることですね(笑)(リーダーの時だけじゃなくて、メンバーシップとしても大事だと思ってる!)

 

 

忙しいとイラッとしちゃうし、してもらいたいことにうまく言葉をつくせないとすれ違いと怒りを買っちゃうし。

 

でも、笑顔でいるとなんかいつもうまくいく気がする~、というか自分がギスギスせずにすむというか、落ち着くんですよね(^^

 

 

みんなの中心で仕事をするっていうのは、やっぱり信頼関係がね…リーダーシップってむずかしい~

 

 

と、いろいろ感じているわけですが、今日も笑顔でよい仕事ができました(^^♪

 

結構、リーダー業務が好きなんです(^.^)テヘ

 

 

明日は、アジアカップの決勝戦が楽しみすぎて仕事もがんばれる~!!

 

 

もちろん、お供のお酒は必須ですけどね~(*’ω’*)

 

 

ガンバレ、ニッポン!!!

 

 

気に入ってくださったらシェアお願いします!
関連記事
コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバック
トラックバックURL