【履歴書】は受かる要因にならずとも、落ちる要因にはなる!正しい書き方とは⁉

お役立ち情報♪

履歴書

 

「どうせ形式的な書類でしょ?」と履歴書をなめてはいけません!

 

例えものすごく良く書けているからといってプラス材料になることはありませんが、「履歴書もきちんと書けないのか」と悪印象になることもあります。

 

特に人気の病院や科の採用試験を受けるとしたら、その少しの差が可否に大きな影響が出るとも限りませんよ。

 

こんにちは[Re:NURSE-リ・ナース-]管理人の山本ののかです!

そこで今回は、採用判定の時にプラスに働き面接のチャンスをゲットする【履歴書の書き方】をご紹介します!

 

採用担当者は履歴書でここを見ている!

履歴書には、あなたの就職に関する情報だけでなく、性格や仕事に対する姿勢などがたくさん書かれています

 

たとえば、正式名称で記述するべき部分を省略してはいないか?

書くことが無くてもきちんと「特に無し」などの文字で空欄を埋めているか?

 

そこに怠慢さや正確さを欠くことがあれば、採用担当者は「この人は仕事でもきっと手を抜く人だ」と考えてもおかしくはありませんよね?

 

でも逆に言えば、履歴書はあなたの有能さを示すアピールの場でもあると言えるのではないでしょうか。

 

「気持ちのいい人そうだな、働いているところを見てみたいな」

 

採用担当者にそう思わせることが履歴書の到達目標点です。

 

履歴書からすでに面接は始まっていますよ。

 

あなたの理想の職場や未来を手に入れるためにも、「受かる履歴書」をしっかり書き上げてくださいね!

 

履歴書の基本的なルールとやってはいけない間違い

 

履歴書

 

たかが履歴書、されど履歴書。

 

たとえば、後輩のちょっとした言い間違いや言い方が気になるように、これまで何百枚も履歴書を見てきた面接担当者は、履歴書のちょっとした間違いも違和感に思えてしまいます。

 

そこでまずは、看護師が履歴書を書く場合の基本的なルールをご紹介します!

 

応募先の病院を「貴院」、運営母体法人であれば「貴社」と表記する年号は西暦・和暦ですべて統一する

間違えた場合は、修正テープや二重線は使わず、履歴書を書き直す

履歴書の欄はできるだけ埋めるようにする

押印はしっかり綺麗に、スタンプ式ではなく印鑑を使う

住所は都道府県から区まで正確に、正式な表記で書く

履歴書のコピーや使い回しはしない

学校名・企業名・資格・免許名などは省略せず、正式名称で書く

履歴書は百円均一ショップや求人案内などの付録のものではなく、文具店などで正式なものを購入する。

黒のボールペンか万年筆を使って書く

全て手書きで書く

 

以上が履歴書の基本となる部分ですが、書いた後には必ず誤字や脱字が無いかもしっかりチェックしてくださいね。

 

最後の「全て手書きで書く」に関してですが、実は「パソコン書き」と「手書き」どちらが良いかは一概にはいえません。

 

でも日本ではまだまだ「履歴書は手書き」という考え方の方が多いようです。

 

ですからパソコンで書くよりも手書きの方が無難、と言えるかもしれません。

 

 

履歴書を書くときのポイント♪

 

【履歴書の左側】

 

履歴書

 

1、

日付欄には、履歴書を書いた日ではなく、履歴書を提出する日や、面接のときに提出するなら面接日を書いてくださいね。

電話番号の欄は、1つしか記入欄がない場合は携帯電話の番号を書いてもOKです。

固定電話の記入欄があるけれど、自宅に電話を設置していないときは「なし」と必ず記入してくださいね。

空欄は記入もれとみられてしまいます。

 

2、

履歴書に貼る写真は3か月以内に撮った物を使ってくださいね。

無人証明写真機で撮るより、お店で撮ってもらった方が、あとから履歴書を使って選考するときに好印象になりますよ。

服装は白シャツにスーツやジャケットを着用した方がいいですね。

表情は歯を見せない程度の自然な表情が好感を持たれます。

 

3、

学歴の欄は、1行目にまず「学歴」と書き、2行目から学歴を書いてくださいね。

中学校は卒業年次のみの記入で、高校以降は、入学・卒業年次ともに記入するのが一般的ですね。

学校名や学部、学科を記入するときには必ず省略せずに書いてくださいね。

 

職歴の欄は、病院や施設名だけではなく、「●●科〇〇病棟勤務」など、所属部署や科も明記した方がいいようです。

もし面接現在に在職しているときは「現在に至る」と書き、退職した場合は「一身上の都合により退職」と書いてくださいね。

たまに「入職と退職を1行で書く」「退職を記載しない」という方がいらっしゃいますが、これはどの病院でもNGですので必ず1行ずつきちんと書くようにしてくださいね。

 

【履歴書の右側】

 

履歴書

 

4、

免許・資格の欄は、資格を取得した順番に必ず正式名称で書いてくださいね。

もし持っている資格が多くて欄が足りないときは、「その他」や「備考欄」へ追記してください。

当然ですが、看護師免許の取得は必ず記入してくださいね。

そして実際の免許証を確認して、取得したの年月を間違えないように気をつけてくださいね。

持っている資格はすべて書くべきなのですが、英検3級など級数が低く、看護師の仕事に関連が薄いものは書かない方がいいかもしれません。

 

5、

志望動機の欄は、履歴書の中でも特に重要部分ですので、いちばん時間をかけてしっかりと書いてくださいね。

多くの方がここに当たり障りのないもの、また「給料が高いから」「家が近いから」など本心を書いてしまったりします。

でも面接はいわばお見合いやマッチングの場だと思い、面接官の心証を大事にして書くことが重要ですよ。

「自分のスキルや経験が、病院や施設の仕事にどう活かせるのか」や「その病院の理念などに自分が共感した点」を、具体的に書くことで熱意が伝わり、他の応募者に差をつけることができます!

 

6、

自己PR(長所・短所)の欄は、自分の長所や短所をできるだけ「看護師」や「病院」に絡め、ふさわしい人物像をイメージしながら書いてくださいね。

まったく関係のないことを書くのではなく、自分の長所が現場でどう役立つのか、と想像力を膨らませて書くといいのではないでしょうか。

短所について書かないのは、自己診断能力が欠如していると思われてしまいますので書くべきですが、当たり障りのない内容を書いた方がいいですね。

また、短所は長所との裏返しというニュアンスで、「短所は細かいことを気にしすぎることですが、仕事の上ではミスを減らすことに役立っています」などのようにプラスに変えるような言い回しで書くといいですね。

 

7、

趣味・特技の欄は、「特になし」では印象が悪いですので、「音楽鑑賞」や「スポーツ観戦」など当たり障りのないものを書いてくださいね。

面接のときに意外に突っ込まれたりしますので、嘘は書かないようにしてください。

 

8、

その他・特記事項の欄には絶対にゆずれない項目や希望する科や部署などがあれば記入してくださいね。

でもここにあまり要望を書きすぎると、わがままな印象を与えてしまうこともあります。

ですから転職サイトに登録してアドバイザーが間に入っている場合は、必ず相談してくださいね。

アドバイザーが口頭で、もしくは直接事務所に伝えてくれますよ。

特に何もない場合でも必ず「特になし」と記入し、空欄にはしないようにしてください。

 

【履歴書の封筒】

 

履歴書 封筒

 

履歴書の封筒は、手紙用の細い封筒ではなく、履歴書が二つ折りで入るA4サイズくらいのものにしてくださいね。

 

そして必ず「履歴書在中」と朱書きされた封筒を使ってください。

 

もし書いて無ければ手書きでも大丈夫です。

 

 

面接時に履歴書を提出するときの注意ポイント

 

・履歴書は必ず封筒に入れて提出し、むき出しやクリアファイルなどで提出しないようにしましょう。

 

・面接時に持参する場合は住所などの記入は必要ありませんが、表面に病院や施設名、裏面に自分の氏名を記入してくださいね。

※病院や施設名のあとには「御中」を入れることも忘れずに。

 

・直接手渡しする場合でも必ず封をしておく。

 

・渡すタイミングは面接開始の時にあなたから面接官に「履歴書です」と渡してくださいね。

 

 

思いがけない履歴書の失敗例(>_<)

 

失敗例

 

履歴書をジャケットの内ポケットから出す

 

履歴書はジャケットの内ポケットなどに入れず、必ずカバンから出して、綺麗な状態で渡してくださいね。

 

折り目がついていたり、角がよれていたりすると、とうぜん印象が悪くなってしまいますよ。

 

小さい字でびっしりと書かれている

 

職歴の部分に職務経歴の内容が細かく書いてあったり、自己アピールや要望の部分に細かくびっしり小さい文字で書く方がいらっしゃいますがNGです。

 

提出物は、読み手のことも考慮し、読みやすく書く配慮が必要ですよね。

 

職歴は簡潔に、自己アピールも枠を考慮し、長すぎず短すぎない「適量」の文章を書くことを意識してくださいね。

 

職務経歴を書く場合は、別で職務経歴書を同封しましょう。

 

「趣味」がマニアック

 

たとえば趣味の欄に「コスプレ」や「メダカの品種改良」のようなことを書く方がいるそうです。

 

コスプレはわたくし山本も好きですし、メダカの品種改良ももちろんとても良い趣味です。

 

しかし採用担当者の中には偏見が強い方もいないとは限りません。

 

採用にあまり重点のない部分でマイナスポイントを拾う必要はありませんので、できるだけ穏当なものを書いた方が無難ですね。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

やはり履歴書は重要事項、ということで、書き始めたら意外に長くなってしまいました。

 

履歴書は採用担当者にとってはあなたのファーストインプレッションです。

 

最初にも申し上げましたが、履歴書には「書いてあること」以外にも、あなたの「性格」や「仕事のしかた」を伝えるものでもあるのです。

 

面接のあとでの選考の際には履歴書を見ながら行われることもあるので、ひょっとしたら、あなたの採用の最後の決め手になることもありますよ。

 

ですからあなたらしい履歴書を書いてしっかりアピールし、理想の転職を手に入れてくださいね♪

 

 

気に入ってくださったらシェアお願いします!
関連記事
コメント 0
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバック 2
トラックバックURL