産業(企業)看護師ってどんな業務をするの?メリットとデメリットは?

お役立ち情報♪

産業看護師

 

ブランクがあっての復職や、病院以外の転職先を探しているとよく名前を聞くようになる産業(企業)看護師。

 

でも「産業看護師」って具体的にどんな仕事をしているのかちょっとイマイチわからないことも多いですよね?

 

「産業看護師」は企業で働く看護師のことで、企業で働く従業員を病気や怪我から守り、また仕事で疲れたメンタルのケアも行う職業なんですよ。

 

こんにちは[Re:NURSE-リ・ナース-]管理人の山本ののかです!

今回は「産業(企業)看護師」の仕事の内容や採用条件。さらにメリット・デメリットまですべてご紹介しますね!

 

産業(企業)看護師ってどんな仕事をするの?

 

企業看護師

 

産業(企業)看護師は大きな企業に常駐し、そこで働く方たちの健康維持をサポートし、または健康相談に乗ったり、健康診断を行ったりする仕事です。

 

いわば企業の保健の先生というイメージですね。

 

それでは産業(企業)看護師の仕事内容を詳しくご紹介しますね!

 

健康診断

 

保健指導

健康診断の結果から、受診者に対して、度のように健康を維持していくかアドバイスを行います。

 

集団教育

安全で健康に社会生活を送れるように、従業員に対して保健のための正しい知識を教えます。

 

メンタルヘルス対策

ストレスによる自殺やうつ病、精神障害の発症予防などを目的として従業員の心のケアを行うのも産業看護師の仕事です。

 

過重労働対策

過重労働によって健康を害することが無いように環境を整えます。

 

緊急時の応急処置

企業によってはらんでいる危険を予測し、危険を回避するのが産業看護師の仕事ですが、緊急の場合は迅速で高い判断力が求められることもあります。

 

日々の健康相談

そこで働く従業員の方にいろんな相談を持ち掛けられますので、広い知識が必要になりますね。

 

産業(企業)看護師として働くメリット

 

産業看護師

 

産業(企業)看護師で働くことは、「一般の病棟で働くのは正直、体力的にも精神的にもキツい」と感じる看護師やブランクがあって病院には戻りにくい復職にはとてもメリットの多い職場なんです。

 

【産業(企業)看護師のメリット】

日勤のみの勤務なので規則的に働くことが出来る

土日や祝日に休みをとれる

体力的な負担が少ないので続けやすい

命に関わる患者さんがいないので精神的負担が少ない

 

日勤のみの勤務なので規則的に働くことが出来る

土日や祝日に休みをとれる

 

産業(企業)看護師の勤務には夜勤がありません

 

しかも一般的な看護職と違い、土日や祝日にも休みを取ることができるのです。

 

ですから「共働きや子育てをしながら、看護師免許を活かして働きたい」とお考えならぴったりの職業といえますね。

 

体力的な負担が少ないので続けやすい

 

産業(企業)看護師の職務は、「健康診断の実施」「保健指導」「メンタルヘルス対策」「緊急時の応急処置」「日々の健康相談」などが主な仕事内容になります。

 

病院看護のように忙しく走り回ることも少ないので、体力的には楽だといえますね。

 

命に関わる患者さんがいないので精神的負担が少ない

 

命に関わる病気を患っている患者さんの看護をしていると、どうしても精神的な負担が大きくなります。

 

でも産業(企業)看護師ならいわば健康な人たちを相手にするため医療事故もないので、そういった意味でのストレスは軽減されますよ。

 

 

産業(企業)看護師で働くデメリットはコレ!

 

産業(企業)看護師で働くメリットはすごくたくさんありますが、やはりデメリットもあります。

 

【産業(企業)看護師のデメリット】

求人数が少ない

今まで培った看護技術はほとんど使わない

意外なストレスがある

一般的な看護師よりも稼げない

 

求人数が少ない

 

通常の病院や看護職に比べると産業(企業)看護師の求人はとても少ないといえます。

 

しかも人気が高いため、「非公開」になることが多いので、転職サイトを利用した方が見つかりやすいといえますね。

 

今まで培った看護技術はほとんど使わない

 

先ほども産業看護師の仕事内容をお話しましたが、一般的な病院で働く看護師のような技術やスキルはほとんど使うことはありません。

 

さらにそのせいで、また病院看護に戻ろうと思っても、なかなか復職しにくい、ということもデメリットのひとつかもしれません。

 

意外なストレスがある

 

例えば、毎日「死にたい」などの相談を受けることになると、産業看護師側まで精神的に不安定になってしまうこともあるのです。

 

さらに健康診断の時期にはかなり多忙になりますので、残業が多くなってしまうこともあるようです。

 

産業(企業)看護師のお給料はどれくらい?

 

看護師全体の平均年収が約470万円だと言われていますが、産業看護師の平均年収は400万円程度と言われています。

 

これは夜勤などの手当てがほとんどつかないからなのです。

 

でも逆に言いますと、日勤のみで残業も少なく、土日祝日も休みがとれるてこれだけ多く給料をもらうことができるのは魅力的とも言えますよね。

 

しかも産業看護師は企業に勤める従業員の一人として考えらているので、ほかの従業員と同じように昇給もあり、賞与もあるのが通常なんですよ。

 

さらに福利厚生も充実しているところが多いので、安定した収入が期待できますよ。

 

産業(企業)看護師になるには何かほかに資格が必要?

 

企業看護師

 

産業(企業)看護師になるために必要な資格は看護師免許だけで大丈夫なのです!

 

でも産業(企業)看護師はとても人気が高いうえに求人数が少ないのでとても倍率の高い職業なのです。

 

ですから、

 

産業カウンセラー
衛生管理者

 

これらの資格を持っておくと、有利に転職を進めることができます。

 

また、産業看護師登録を行っておくとより有利に再就職を進めることができますよ。

 

 

産業(企業)看護師の求人はどこで探すのが一番いいの?

 

産業(企業)看護師の場合、とても人気が高いので「非公開求人」になることが多いのです。

 

つまり普通にネットなどで探しても出てきませんので、転職サイトで紹介してもらうのが最も効率がいい探し方です!

 

実は山本の以前の病院での先輩も、転職エージェントに紹介してもらって今は無事に産業(企業)看護師として働くことができています!

 

そこで産業(企業)看護師への転職先を探したいなら、山本がオススメするのは「医療ワーカー」です。

 

医療ワーカーはエージェントの質も高く、産業(企業)看護師の求人件数をいちばん多く抱えている転職サイトなのです。

 

しかも、初めて病院看護師以外の仕事への不安を持っているあなたの相談に、とっても親身に耳を傾けてくれます。

 

しかも、相談から転職まで、すべて無料でやってくれますのでとてもスムーズに新しい仕事を見つけることができるんです。

 

無料登録することで非公開の求人を見ることができるようになりますので、まずは会員登録をして、あなたにぴったりの職場を見つけてみてくださいね♪

 

医療ワーカー→無料登録はこちら♪

 

あなたの転職が希望通りうまくいきますように願っています!

 

 

気に入ってくださったらシェアお願いします!
関連記事
コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバック
トラックバックURL