療養型病院のお仕事は実は大変⁉求人は少ないの?

お役立ち情報♪

療養型病院

 

「急性期のような病院より、療養型のような病院の方が自分の性格には合っているのではないか」

 

確かに、急性期病院で働くのって、強い気持ちが必要ですし、「合う性格」ってあると思うんですよね。

 

そして看護師になる方がみんなそういう”前線”に向いているというわけではないはずですよね?

 

そしてそういう時、働きたい職場として「療養型病院」という選択肢も出てくると思うんです。

 

でも「療養型病院」って意外に大変、という話も耳にしたことがあるのではないでしょうか?

 

こんにちは[Re:NURSE-リ・ナース-]管理人の山本ののかです!

そこで今回は、そんな気になる「療養型病院」ではどんな仕事をするのか、ご紹介しますね!

 

療養型病院って意外と大変⁉

 

今回は実際に福岡市内の療養型病院で働くSさんに話を聞かせていただきました。

 

Sさん、今日はよろしくお願いします!
よろしくお願いします。

 

Q:以前はどんな病院で働いていたんですか?

 

国立の総合病院の神経内科病棟に2年在籍し、慢性期疾患の患者さまを担当していました。

 

そのあとクリニックの外来に転職、半年ほど勤務したあと、2年前に現在の療養型病院に入職しました。

 

Q:どうして療養型の病院に転職しようと思ったのですか?

 

急性期の病院って、どんどん患者様を受け入れ、少し良くなったらすぐに転院していただき、次の患者様に備えますよね。

 

そういう場で働いていて、自分には「患者さま一人ひとりとじっくり向き合う看護」の方が向いているんじゃないか、と思ったからなんです。

 

Q:療養型病院に転職してみて入る前のイメージとのギャップはありましたか?

 

働いてみるまでのイメージは、急性期的な看護に比べ、患者様の日常ケアをする看護が中心で、さらに患者様と一緒にレクリエーションを楽しんだり、お散歩したりと比較的ゆったりした職場だと思っていました。

 

そんなにバタバタすることもない、と思っていたのですが、実際に働いてみると、意外に大変なことも多い業務でした。

 

Q:具体的にお仕事はどのようなことをするのですか?

 

患者さまの「おむつの交換」や「食事の介助」、「寝具の交換」や「入浴介助」などが主な業務ですね。

 

もちろん、急変時には救急処置も行いますが、それほど多くはありません。

 

Q:どんなところが「大変だな」と感じますか?

 

介護の業務に近いので、「おむつ交換」や「床ずれのチェック」など患者様の体を持ち上げる仕事が多いので、意外に体力を使います。

 

慣れるまでは腰痛に悩まされる看護師も多いようです。

 

看護師に話を聞くと、夜間帯の巡回は早いと5分で終わるという話も聞いたりしますが、私たちは1時間かかります。

 

また、意思疎通がうまくできない患者様もいらっしゃるので、なにかあっても言葉で伝えられない患者様も少なくありません。

 

ですから患者さまの様子や顔色など、ちょっとした変化を察知できるようにしっかり観察し、神経を外に向けておくことが重要になります。

 

患者さまの状態が良いときは時間的な余裕も確かにありますが、急変があったときや、重症の患者さんが多い時には体力的にきついときもありますね。

 

Q:以前より「やりがい」を感じますか?

 

はい、とても感じますし、私に合っているな、と思います。

 

急性期と違い、患者様とじっくり向き合うので、より深く信頼関係が作れていること。

 

そして患者様の様子を日々観察しているので、とてもよく理解できますし、自分が患者様の心の支えになっているんだなと肌で感じることができます。

 

そして観察の中から患者様の症状に合わせて看護計画を調整したり、ドクターにアドバイスをすることで患者様の症状が良くなると「遣り甲斐」を感じます。

 

Q:療養型病院に「向いている人」「向いていない人」ってどんなタイプだと考えますか?

 

患者様と接し、お話したり身の回りのケアをすることにやりがいを感じる方は「向いている人」だと思います。

 

でも高度な医療でのスキルアップを目指したいと思う方には向いていないかもしれません。

 

また療養型の病院では残業が少ないので、自分の時間も大切にしたい方や育児や家庭との両立を図りたい方には合っていると思います。

 

Q:最後に療養型病院に転職を考えている方にメッセージをお願いできますか?

 

はい、療養型のような慢性期の病院では、身体のケアだけでなく心のケアも求められます。

 

患者様と触れ合ったり、お話したり、そういう意味での「看護」を求める方にはぴったりの職場だと思います。

 

Sさん、今日はどうもありがとうございました!
ありがとうございました。

 

療養型病院はこんな人にオススメです!

 

せわしない環境より、余裕のある中で、丁寧な看護を実践したいかた。

 

「いつかは施設看護の仕事をしてみたい」と考えている方。

 

どちらかというと、穏やかな性格の方。

 

療養型病院のメリットとデメリット

 

療養型病院のメリット

 

・ゆったり落ち着いた雰囲気で心身にゆとりをもって働くことができる。

 

・残業がほとんど無い。

 

・療養型病院は、高齢化社会に向けて今後ますますニーズが高まる。

 

療養型病院のデメリット

 

・総合病院や一般病院ほど最先端の医療技術を身につけるチャンスは少ない。

 

・患者の生活補助を行うため、力仕事が多い。

 

療養型病院に転職するならこちらの転職サイトがオススメ♪

 

オススメ転職サイト

 

療養型のような慢性期の病院は入れ替わりも少なく、さらに求人も比較的少ないため、できるだけ多くの求人を保有している転職サイトがいいですね。

 

さらに人気の職種でもありますので、しっかりしたエージェントがサポートしてくれる転職サイトが理想的です。

 

そこでわたくし山本が療養型病院への転職にオススメする転職サイトは、「看護のお仕事」「マイナビ看護師」「医療ワーカー」です。

 

あなたの不安や転職に対するお悩みもしっかりと聞いてくれますので、安心して相談してみてくださいね♪

 

登録から入職まで、すべてのサービスが無料です!

 

≫≫看護のお仕事

 

≫≫マイナビ看護師

 

≫≫医療ワーカー

 

いかがでしたか?

 

急性期の病院のせわしなさが肌に合わない、という方だけでなく、資格取得に向けて勉強をしたい、家庭と仕事を両立したい、という方にもぴったりの療養型病院のお仕事♪

 

転職サイトに無料で登録すれば、さらに詳しくお話を聞くことができますよ。

 

あなたの転職が理想的な結果を生みますように、心から祈っております。

 

 

≫≫【働きかた別】転職サイトの選び方!

 

 

 

気に入ってくださったらシェアお願いします!
関連記事
コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバック
トラックバックURL